人不同

【年年歳歳花相似 歳歳年年人不同】日々変化していく生活を綴ります。
仕事に関してのブログを2013年6月から新たに開設しました。右下のリンクの「ただいま楽器修復中」からどうぞ。
PCを持ち歩く上で気になるリュック型パソコンバッグあれこれ
JUGEMテーマ:日記・一般

今日はジョーシンをプラプラする時間があり、その際にPCケースが気になったので、家に帰って楽天とアマゾンで検索してみました。


その前に、ここ2年くらいの変遷を。

現在はこれ↓
 

可もなく不可もなく…いや、値段が安い。とにかくコストパフォーマンスが良い。
前ポケットも結構入るので、買ってから残念に思ったところもほとんどありません。

一応否定的なことも書いておくと全体的に安っぽい印象は否めないかもしれません。特にリュックとして掛ける紐が安っぽいですが、かといって切れるもんでもないですしね。
 

ちなみにその前はこれ(↑)使ってました。

これは今使ってるのよりも値段もお高く、かなり良かった。
デザイン的にもカジュアルでも使えたし、色が何種類もあるのも選ぶ楽しみがあって良かったです。

だけど、ある日、紐をドアノブか何かに引っかけた瞬間、切れたんです。
家を出る前だったんでことなきを得ましたが、1年も使ってなかったんでかなりがっくりきました。

このせいで、ちょっと高いのを買ってもダメになったら意味ないなってことで現在安いのにこだわってるわけです。



さて、探すにあたって僕の基準は二つ。

^造い海
大容量入ること
リュック型

ちなみに僕のノートは
ダイナブックのT552 36HWJでサイズは15.6インチワイド
どうせたいして持ち歩かないだろうし、それなら大きい方がいいだろって思って買いましたが、まさかこんなに持ち運ぶことになるとは…。もうちょい手頃な大きさにしといたらよかったかも…。

大きいだけに移動を考えるとリュック型ができればいいなあ、と思うわけですが…ぶっちゃけ安ければ良いかな…なんてね。

さあ、検索開始です。



↑えっ?安すぎっ!いきなり凄いのが登場しました。リュックじゃないけどあまりの安さにビビってしまった。



↑これも良いですね。何より安いのが良い。

↓やばい、これ欲しいよぉぉ、だけどたけえんだよぉぉってなったorz



アマゾンで目ぼしいのはこんな感じですかね。

では次に楽天いってみよう。


↓赤しかないのかぁぁぁ!!!お色が厳しい!!残念だけど、これ試してみたいっす。
 
 

↑下の「ひらくPCバッグ」は高くて簡単には買えないけれど、こっちなら買える!!俺は買うぞぉぉぉジョジョォォォォって感じ。
ほんとはリュックが欲しいけど、メッセンジャーバッグなら移動に際して問題なかろ?どうじゃろどうじゃろ。


↑アマゾンにもあった。


↓見た瞬間「欲しい」ってなりましたけど…高かった。自分これはホイホイ買えません。
 


やっぱりあんまりないのね、リュック型。ぶっちゃけ今のと前に使ってたのがリュックでは一番かも。
その代わりにメッセンジャーバッグという新しい地平線を切り開いたぜ。

ポチっとしようかな、どうしようかな?ぐふふ。
 
<スポンサーリンク>
| mine1982 | 色んなモノ | 20:24 | - |
国語辞典と森鴎外から国語の教育についてちょっと考えてみた。
JUGEMテーマ:日記・一般
滋賀では高校生のテスト前になりました。

高3生の国語で森鴎外の「舞姫」がテスト範囲に当たっています。
毎年生徒たちの多くがあの古典としか思えない文章形式とその内容の面白さのなさから文句を言いながらテスト勉強をします。


国語って何なんですかね?

「舞姫」が面白いかどうかは別にして、そもそも国語って何のためにあるんですかね?
国語の先生をしながら、しばしば考えてしまいます。

仮に読解力をつけるなら評論文を解けばいいわけだし、言葉を知らないというなら、暗記させればいいわけだし。
「文章を読まないといけないから」というなら、もっと生徒が興味を持ちそうな文章を読ませた方が子供たちは本を読むような気がしますが。

その意味では、副教材で慣用句を覚えさせているのは良い勉強だなぁと思います。
こちらが『えっ?』というような言葉を知らない生徒は多いので。

また、現代文の中でも夏目漱石の「こころ」は良いと思います。遺書の部分だけを取り出していますが、恋愛や生死という高校生くらいの年代が興味のあるところを持ってきたあたり、考えられているなと思います。

新明解国語辞典という面白辞典

愛だの恋だので思い出したのが『新明解国語辞典』です。
10年ほど前、自分が20歳の頃に笑っていた辞典ですが、とても私的な辞典で中でも『恋愛』が一番笑いました。

ちなみに『恋愛』を引くとこのように書いてあります。(どうやら自分の見ていたのは第4版だったようです、今は少し違っているみたい)

【特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持を持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・ (まれにかなえられて歓喜する)状態】

んん??出来るなら合体したい!?←ノーコメントで
さらにこの人はまれにかなえられたわけですね(笑)


国語の意味

まあ、これは良いとして、興味深いのは『動物園』です。

【生態を公衆に見せ、かたわら保護を加えるためと称し、捕らえてきた多くの鳥獣・魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀無くし、飼い殺しにする、人間中心の施設。】


なかなか攻めた解釈です。
これを見ていてふと思ったのが国語ってこういった色々な人の考え方を学ぶ場でもあるんじゃないかな、ということです。

ぶっちゃけ、国語の授業で受験の問題が解けるようになるとは到底思えませんし。
だから、国語の先生がいろんな人のいろんな考え方なんかを教えられたら面白いんじゃないかと思います。
 
<スポンサーリンク>
| mine1982 | 色んなモノ | 14:18 | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ スポンサーリンク
+ 楽天で年に一回のギフトを
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ Amazon.co.jp 売れ筋
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS