人不同

【年年歳歳花相似 歳歳年年人不同】日々変化していく生活を綴ります。
仕事に関してのブログを2013年6月から新たに開設しました。右下のリンクの「ただいま楽器修復中」からどうぞ。
<< 舟を編む 一つの仕事に一生を捧げる幸せ | main | フルフェイスのある生活 >>
最近見た悲喜交々。
JUGEMテーマ:映画
最近見た対照的な映画を紹介。

まずは『悪人

悪人 スタンダード・エディション [DVD]  

―モントリオール世界映画祭 最優秀女優賞受賞作品ー
第34回日本アカデミー賞最優秀賞最多5部門受賞!!
主演男優賞/主演女優賞/助演男優賞/助演女優賞/音楽賞

なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。
至高の才能たちが誕生させた映画史に残る感動のヒューマンドラマ。
世界中が注目!待望のDVDリリース!

【ストーリー】
土木作業員の清水祐一は、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。
馬込光代は、妹と2人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日を送っていた。
孤独な魂を抱えた2人は偶然出会い、刹那的な愛にその身を焦がす。
しかし、祐一は連日ニュースを賑わせていた殺人事件の犯人だった ――。
光代はそんな祐一の自首を引き止め、祐一と共に絶望的な逃避行へと向かう。
やがてその逃避行の波紋は被害者の家族、加害者の家族の人生をも飲み込んでいく。
なぜ祐一は人を殺したのか? なぜ光代は殺人者を愛したのか?
引き裂かれた家族の運命はどうなるのか?そして、いったい誰が本当の“悪人”なのか?


なんでこれ見ちゃったかな?他に選べたろうに。キラーコンドームとかえびボクサーとかさ…。

よりによってこれは…と思ったら案の定酷いことに…。

内容は、もう、とにかく考えさせられる物になっていますし、登場する俳優、女優さん共に実力派を揃えて演技も抜群にいい。
だけど、ただただ暗い、悲しい、救いもない…。

それに、「誰が本当の悪人なのか?」じゃねえよ!!ほとんど悪人しかいねえじゃねえか?おいっ、アウトレイジの方が気分良く見れちまうぜっ。一体この見終わった後の疲れはどうしたらいいんだ。

そもそも、足掻く主人公、しかし見ている我々には主人公の不幸になる未来しか見えないっていうのが苦手で、『リプリー(太陽がいっぱい)』ですら辛くて最後まで見られなかった自分にこれはきつすぎた。

唯一、良かった点は妻夫木君の再評価。ネットを見ていると悪い評価もありますが、自分、この映画で妻夫木君の演技にビビりました。あれ?こんな演技が出来る人だったんだ…と。


はい、今日は二本立て。

ジャッジ! [DVD]

ジャッジ! 』です。

こちらも妻夫木君ですので、妻夫木デイだったわけです。
ちなみにそれほど特別ファンというわけでもないのに。

言っとくと、自分は山崎努のファンです。ケン・オガタとケン・タカクラ亡きこの世で最早最後の堤防です。ツトム、長生きしてくれ、マジで。

というわけで、こちらはコメディ。

世界一のテレビCMを決める国際広告祭。 グランプリをとらなければ、クビ! ? 
CM業界トップクリエイター × 超豪華キャストで贈る 
爆笑あり、恋あり、ほろりと涙ありの最強エンターテインメント! 

■妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司ら超豪華キャストが集結! ! 
■大絶賛! 鑑賞満足度、驚異の94%! ! ! (※松竹満足度調査調べ)
■知られざる広告業界が舞台。果たして勝つのは誰? ドキドキハラハラのグランプリ争奪戦! ?
■CMトップクリエイター澤本嘉光氏のオリジナル脚本映画化! ! (CM「ホワイト家族」(ソフトバンク)、「家庭教師のトライ」、「TOYOTAドラえもん」)
■監督は、ACC CM FESTIVAL クラフト部門ディレクター賞2年連続受賞した永井聡監督! 

【キャスト】
妻夫木聡 北川景子 リリー・フランキー 鈴木京香 豊川悦司
荒川良々 玉山鉄二 玄里 田中要次 風間杜夫 でんでん 浜野謙太 新井浩文 伊藤歩 
加瀬亮 木村祐一 あがた森魚 松本伊代 志賀廣太郎 柄本時生 福本清三 竹中直人

【スタッフ】
監督:永井聡 脚本:澤本嘉光
主題歌/エンディング曲:サカナクション「アイデンティティ」/「ユリイカ」(ビクターエンタテインメント)

【ストーリー】
広告代理店・現通で働く太田喜一郎(妻夫木聡)は、情熱は人一倍、でも腕はイマイチという落ちこぼれクリエイター。
お人好しな性格が災いし、いつも身勝手な上司・大滝一郎(豊川悦司)の尻ぬぐいをさせられてばかり。
ある日、太田は大滝から、サンタモニカ広告祭の審査員役を押し付けられる。
毎夜開かれるパーティーにパートナーの同伴が必要と知った太田に頼まれ、仕事はできるが、
ギャンブル好きの同僚・大田ひかり(北川景子)もイヤイヤながら“偽の奧さん"役として広告祭に同行することになった。
大滝の指示で、窓際社員の鏡さん(リリー・フランキー)のもと審査員としての怪しげな特訓を受ける太田。
しかし、教わったのは英語のフレーズをいくつかと、“ペン回し"のやり方、大量のオタクグッズだけだった・・・ 
華やかに審査会が開幕する中、太田は「ちくわのCMを入賞させられなければ会社をクビ! 」という驚愕の事実を言い渡される。
それは、クライアント都合で勝手に作られた「つまらなくて死ぬかと思った」と酷評された代物だった。
クセ者揃いの審査員たちが、自作の得点を少しでも上げようと躍起になって駆け引きを繰り広げる中、
日本から来たライバル代理店のエリート社員・木沢はるか(鈴木京香)も参戦。
太田はこの審査会を乗り切ることができるのか! ? 人生最大の審査(ジャッジ)が始まる!


トヨエツと、トヨエツの膝に座って毒舌吐くエッチな秘書とリリーと名も知れぬ外国人に笑いと涙をいただきました。

ぶっちゃけ、これ無かったら酷いことになってた。見たのが週末だっただけに、最悪のコンディションで週の頭を迎えることとなりかねないレベルでした。

本当にそう考えると『悪人』の破壊力は凄い。


とりあえず、この作品に関して。貼られた伏線をすべて回収、きっとこうなるとは思っていてもやっぱり涙する。

王道って素晴らしい。
<スポンサーリンク>
| mine1982 | 映画・音楽・読書 | 17:21 | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ スポンサーリンク
+ 楽天で年に一回のギフトを
+ 最近の記事
+ CATEGORIES
+ Amazon.co.jp 売れ筋
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS